きゃりーと歩いた道の記録
*
ホーム > 出来事 > やり直すため

やり直すため

民事再生という方法は住宅ローンなどを含む多重の債務に苦しむ人々を対象に住居を維持したまま金銭管理においてやり直すための公の機関を通した処理方法として2000年11月に適用された解決方法です。

 

自己破産制度のように免責不許可となる要素はないので競馬などで借金したようなときでも手続きは問題ありませんし、破産申請をした場合は業務できなくなってしまうような免許で収入を得ているような人でも民事再生手続きは検討できます。

 

自己破産では住居を保有したままにすることは不可能ですし任意整理等では、借金した元金は払っていくことが求められますので、住宅ローン等もある一方で支払い続けるのは実際には困難だと思われます。

 

しかしながら、民事再生による手続きを取ることができれば、住宅ローン等を除く負債については多くの額を減ずることも可能なため余裕を持ちつつマンション等のローンを返しつつそれ以外の借り入れ分を支払っていくようにできるということになります。

 

でも、民事再生という手段は任意整理による処理特定調停などと違い一定の借り入れだけを切り取って手続きをすることはできませんし破産においてのように元金それ自体消滅するわけでもありません。

 

それに、そのほかの解決手順と比較すると手続きがめんどうで手間もかかりますので、住宅ローンが残っていてマイホームを維持する必要がある状況等以外において破産手続き等他の整理ができない時だけの最終的な手段と考えるのがいいと思います。

 


関連記事

やり直すため
民事再生という方法は住宅ローンなどを含む多重の債務に苦しむ人々を対象に住居を維持...
テスト
テスト記事です。...